VacA毒素

ピロリ菌が分泌する毒素について説明していきます。

ピロリ菌は世界の総人口の約50%に感染していると推定され、
胃炎並びに胃潰瘍の原因の一つとされています。

ピロリ菌の分泌する毒素の代表的例がVacA毒素なので以下、本毒素と呼びます。

これが胃粘膜の細胞膜上にあるタンパク質であるプロテインチロシンホスファターゼζ:タンパク質PtprZに結合し、
これを不活化しているのです。

これまでの研究で、
タンパク質PtprZに対して元来体内に存在するリガンドがあります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の毒素   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク