タグ別アーカイブ: 胃粘膜

PtprZの存在

宿主細胞に直接注入されるエフェクター分子が宿主細胞のIL-8産生を誘導して炎症反応を惹起することが病原性を持つことになると考えられています。 これまでタンパク質の一種であるPtprZは神経系の細胞にのみ存在していると考え … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , |

ヘリコバクター・ピロリに似た細菌

初めて慢性胃炎患者の胃粘膜より分離培養された。 サル、イヌ、ネコ、チータ等の胃にもヘリコバクター・ピロリに似た細菌が存在して、それぞれの胃炎を引き起こすこともわかっています。、 この酵素は尿素を分解してアンモニアをつくり … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター | タグ: , , , |

胃粘膜にらせん菌が存在

続いてピロリ菌の歴史を調べてみました。 その前に、まず細菌学の父といわれるコッホの提唱した「コッホの四原則」を紹介したいと思います。 胃は食べ物を消化するために強い酸性の胃液を出しています。 1979年にオーストラリアの … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の歴史 | タグ: , , , |