タグ別アーカイブ: らせん菌

2-3回ねじれたらせん菌の形状

H. pyloriの構造を説明するとグラム陰性で、直径は約0.5μmくらいあり、長さは3-5μmしかありません。 2-3回ねじれたらせん菌の形状を持っているので、Campylobacter pyloridis(湾曲した、 … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の発見 | タグ: , , , , , |

ドイツの研究者が胃内らせん菌を発見

ウォーレンは同じ病院に研修医としてやってきたマーシャルと共に研究をすすめ、この菌が「胃に住みついている」ということを確信し、この菌によって胃炎がおこると考えました。 その細菌は他の病気の患者にはみられなく、患者から分離し … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の歴史 | タグ: , , , , |

培養法の確立

ピロリ菌に限らず、ある細菌がある病気の原因であると決定するためには その病気のすべての患者の中にその原因菌がいるのです。 そして、病気を引き起こした別の個体から、同じ細菌が証明できるのです。 これを証明したのが1983年 … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の歴史 | タグ: , , , , , , |

胃粘膜にらせん菌が存在

続いてピロリ菌の歴史を調べてみました。 その前に、まず細菌学の父といわれるコッホの提唱した「コッホの四原則」を紹介したいと思います。 胃は食べ物を消化するために強い酸性の胃液を出しています。 1979年にオーストラリアの … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の歴史 | タグ: , , , |