アンモニアが胃酸を中和

アンモニアが胃酸を中和し菌の周囲のpHを変化させて、
生存できる環境を作り上げているのです。

ゴキブリなどがピロリ菌を運んでいる可能性が指摘されています。

なので小さな子供のいる家庭では、
台所を清潔に保ち、
ゴキブリの駆除を心がけることが大切と言えるでしょう。

日本は先進国のなかでも保菌率が高いといわれているのです。

ピロリ菌を撲滅させようと世界中の研究者が全力で取り組んでおり、
その時期はそう遠くないと思います。

それまでの辛抱です。 

カテゴリー: ピロリ菌と胃 | タグ: , , , , |

皮膚疾患

まったく自覚症状はなく、
人間ドックなどでピロリ菌が偶然発見される場合もあるのです。

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、
自己免疫疾患、
神経疾患などの症状もその一つであります。

皮膚疾患もピロリ菌の影響を受けているとの報告されています。

「強い胃の痛み」はたいていは、慢性胃炎ではなく、
急性胃炎または胃潰瘍になっているケースです。

皮膚疾患には湿疹やかゆみが良くあります。

しかし、
じんましんが発生することもあるのです。

保険の上でも現時点ではピロリの除菌は「潰瘍の患者さん」のみが適応なのです。

カテゴリー: ピロリ菌と症状 | タグ: , , , |

ピロリ菌は進化した細菌

小児期の胃の中でに保菌している親との濃密な接触や食事を介して感染し、
その後一生涯にわたり感染が持続しているという説が有力です。

ピロリ菌は胃の中でいわゆるバリヤーを張っていると考えてください。

このように非常に進化した細菌なのです。

胃の中に住んでいるので、
性的接触による感染は否定的ですが、
ペットからの感染についてはまだまだ検討が必要なようです。

ピロリ菌は胃がんの所や十二指腸のような尿素のない所では生きていけないのです。 

カテゴリー: ピロリ菌と胃 | タグ: , , , , |

じんましん

実際、
ピロリ菌を保有していてじんましんの症状が出ている患者に対して、
ピロリ菌の除菌をしたところ、
65%?80%の方がじんましんが改善したとの報告があるのです。

慢性胃炎の症状はなんとなく「胃がもたれる」「胃が重い」「むかつく」といったもので、
不定愁訴の症状ともいわれています。

潰瘍で胃壁の血管が傷つき、
出血しているような状態では、
吐血やタール状の黒い便がみられることもあります。

今までは、扁桃腺炎、虫歯、副鼻腔炎がその原因とされていました。

カテゴリー: ピロリ菌と症状 | タグ: , , , , |

ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持つ

胃の中はpH1~2と非常に酸性が強く、
生物が生きていけるような環境ではありません。

にもかかわらず、
この菌はどのようにして胃の中に入り、
生きていくのでしょうか。

しかも胃の中にしかいません。。

ヘリコバクター属はが、
ピロリに類似したウレアーゼを持つH. mustelaeやH. felisなどは動物の胃内に定着可能なのです。

ピロリ菌はウレアーゼという酵素を多量に持っており、
これを使って胃の中にある尿素をアンモニアに変化させてしまうのです。

40歳以上では約75%の頻度となります。

カテゴリー: ピロリ菌と胃 | タグ: , , , , |

強酸の胃の中

ピロリ菌はどのようにして強酸の胃の中で生きていけるのでしょうか。

その説明をしていきたいと思います。

実はヒトやネコ以外の動物の胃にもそれぞれ他のヘリコバクター属細菌が定着していることが明らかになっているのです。

わが国、
日本では年齢とともにピロリ菌を所有している人が増えていきています。

それ以外にもピロリ菌には熱ショックタンパク、空砲化毒素、ムチナーゼ、プロテアーゼなどを持っています。

それぞれが複雑にからみ合って病気の発生や進行に関係しています。

カテゴリー: ピロリ菌と胃 | タグ: , , , , , , |

ピロリ菌は右巻き

実は世界中のほとんど全ての人がピロリ菌を保菌していましたが、

2005年現在、

世界人口の40-50%程度がヘリコバクター・ピロリの保菌者だと考えられているのです。

ヘリコバクター・ピロリは自然環境においては動物の胃内だけで増殖可能なのです。

それ以外の場所では、

生きたらせん菌の形では長時間生残することは出来ません。

本菌の感染経路は不明であるが、

胃内に定着することから経口感染すると考えられています。

その本体は2~3回ゆるやかに右巻きにねじれています。

カテゴリー: ピロリ菌とは | タグ: , , , , |

ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

1980年代に発見されたときには、

ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となっているということは分かっていなかったが、

最近分かってきたのです。

一方で、

ウレアーゼを持たないものや酸性条件下では働かないウレアーゼを産生するピロリ菌は、

胃内には定着せずに腸内に寄生しています。

ちょっと専門的になりますが、

上で述べたウレアーゼは胃の組織に障害を与えます。

ヘリコバクター・ピロリの種にはvacAやcagAを持つ菌株と持たない菌株が存在することが明らかになりました。

カテゴリー: ピロリ菌とは | タグ: , , , , , , |

ピロリ菌と十二指腸

十二指腸の粘膜が胃と同じような粘膜に置き換わってしまった場所では、

ピロリ菌が住みつくケースもあります。

胃酸から十二指腸を守るためにこのような変化をする場合があります。

先進工業国では衛生管理の徹底によって、

ピロリ菌を持たない人が増えてきてのが現状です。

1982年オーストラリアのパースでMarshallたちに確認されたそのきっかけです。

ヘリコバクター・ピロリはヒトおよびネコに感染することが明らかになっています。

ヘリコプターのように回転させて移動するのです。

カテゴリー: ピロリ菌とは | タグ: , , , , , |

ピロリ菌はウレアーゼを産生する菌

ヘリコバクター・ピロリは、2000年の時点で24種に分類されている中性と酸性領域の2つの至適pHを持つウレアーゼを産生する菌なのです、

この酵素が本菌の胃内への定着と病原性に大きく関与しています。

2~3×0.45μmの細菌で、

その形態には数本のしっぽがあります。

これがヘリコバクター・ピロリなのです。

ピロリ菌は胃の粘膜を好んで住みつきます。

そして、

粘液の下にもぐりこんで胃酸から逃れているのです。

ピロリ菌は人間の胃の中に住んでいる細菌なのです。


カテゴリー: ピロリ菌とは | タグ: , , , , |
ページ 8 / 8« 先頭...45678