胃潰瘍の直接原因

ここではピロリ菌の病原因子についてレポートを書いていきます。

病原因子はすべてピロリ菌による感染や胃粘膜傷害に関与していますが、
このうちピロリ菌に特異的なvacAやcagAについて研究が進んでいるのです。

ピロリ菌の病原性は胃粘膜の細胞内に取り込まれ、
細胞空胞化を引き起こしますが、
それが胃潰瘍の直接原因ではないと考えられています。

病原性はグラム陰性のピロリ菌の最外殻に存在するリポ多糖などによって起き、
好中球などの遊走によっても炎症が引き起こされます。

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , |

ピロリ菌の正式な名前

ヘリコバクター・ピロリと名前がうのがピロリ菌の正式な名前なのです。

の細菌学的性状をお話します。

Helicobacter pylori と書きます。

100 年以上前からヒトを含めた動物の胃に細菌が存在することが
論ぜられてきたことがピロリ菌の始まりです。

そのラセン菌は胃粘液層に深くすみついています。

ピロリ菌はグラム陰性のらせん状の 2―5ミクロン程度の細菌なのです。

強いウレアーゼを産生しこのラセン菌を細菌学的特徴からヘリコバクターピロリ菌といいます。

カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター | タグ: , , , , |

胃内、幽門付近かららせん菌を分離

後にわかったことだが、
ヘリコバクター・ピロリは増殖が遅く、
培養には長時間を必要とする細菌であった。

ピロリ菌の毒素の空砲化毒素は潰瘍の発生に大きく関与しているとされていると発表があっため、
特殊な培地と培養法が必要です。

しかしながらまだまだ今は検討段階で、
完全な解明が待たれます。

マーシャルらはその培養法を応用して、
慢性活動性胃炎の患者の胃内、幽門付近かららせん菌を分離することを発見したのです。

1989年Helicobacter pylori(helico-; らせん状の)に名称変更されました。

カテゴリー: ピロリ菌の発見 | タグ: , , , , , , |

飲料水からの感染

糞?口感染につちえ詳しく述べていきます。

ふん便からピロリ菌が検出された。

飲料水からの感染が考えられます。

海外で水道水からピロリ菌が検出されたところもあるのです。

また、
動物を媒体とした感染も挙げられます。

ハエ・ネコなどが例だと思います。

最後に内視鏡を媒体とした感染も重要な感染経路です。

日本は両者の中間的な感染率で小児期に衛生環境の整っていた年代では先進国並みの低い感染率といわれています。

やっぱり日本は健康な国なのですね。

カテゴリー: ピロリ菌の感染経路 | タグ: , , , |

内視鏡を媒体とした感染

日本では50歳以上の人の感染率が高く、
約8割の人が感染しています。

「内視鏡を媒体としたピロリ菌感染」が注目されました。

しかし、
日本消化器内視鏡学会から「内視鏡の洗浄、消毒に関するガイドライン」が出され、
内視鏡の洗浄・消毒が厳重になされるようになりました。

多くは子供の頃に感染し、
ごく稀に自然に排菌されるのを除いては胃内に一生住み続けると考えられています。

発展途上国では80?100%の感染率です。

衛生環境の整った先進国では30%前後です。

カテゴリー: ピロリ菌の感染経路 | タグ: , , , |

幼少期に感染

感染源は明らかとはなっていませんが、
飲み水や食べ物を介して経口感染するといわれています。

飲料水による感染も考えられます。

井戸水や河川の水からピロリ菌の遺伝子が検出されます。

感染経路はまだ十分に証明されていませんが、
口から入って感染することは間違いないのです感染源になるかは不明です。

ピロリ菌は幼少期に感染するといわれています。

50歳以上の方たちは戦後の衛生状態が悪い時代に生まれ育ったため、
高い感染率を示しています。

カテゴリー: ピロリ菌の感染経路 | タグ: , , , , |

動物の胃からも同様の菌が分離

同様の方法でヒト以外にも
フェレット、サル、ネコ、チーターなどの動物の胃からも
同様の菌が分離されてヘリコバクター属に分類された。

内視鏡による生検組織を必要としないピロリ菌の検査方法が発見されました。

カンピロバクターは感染性の下痢の原因となり、
低濃度の酸素と、
二酸化炭素を必要としていて、
かつ栄養要求性の厳しい細菌の一種であるのです。

本菌が有するウレアーゼにより尿素が分解されてアンモニアが生じることを発見した人物もいます。

カテゴリー: ピロリ菌の発見 | タグ: , , , , , , |

経口感染

ピロリ菌がどのような感染経路を通って感染するのでしょうか。

感染源は明らかとはなっていませんが、
飲み水や食べ物を介して経口感染するといわれています。

口?口感染の感染があります。

これは歯垢や唾液にもピロリ菌の遺伝子が検出されるのです。

大人になってから感染することは少ないと考えられており、
成人では菌が体内に入っても、
自然に排菌されることが多いようです。

しかし、
感染源になるかどうかは不明です。

ピロリ菌は世界の人口の約半数に感染しています。

カテゴリー: ピロリ菌の感染経路 | タグ: , , , , |

2-3回ねじれたらせん菌の形状

H. pyloriの構造を説明するとグラム陰性で、
直径は約0.5μmくらいあり、
長さは3-5μmしかありません。

2-3回ねじれたらせん菌の形状を持っているので、
Campylobacter pyloridis(湾曲した、カーブした、細菌の幽門)と命名されたのです。

この発見には、
Skirrowらが1977年に確立したカンピロバクターの微好気培養技術が基盤となっているのです。

そして休暇が終わったとき、
培地上に細菌のコロニーが形成されていることに気づき、
これが本菌の発見につながったのです。

カテゴリー: ピロリ菌の発見 | タグ: , , , , , |

世界で始めてピロリ菌を発見した人物

ヘリコバクター・ピロリの発見についてレポートをまとめたいと思います。

まず、
世界で始めてピロリ菌を発見した人物は1983年、
オーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルです。

光学顕微鏡で観察した形態の類似性と微好気性であることが共通していたので、
この菌はカンピロバクターの一種と考えられました。

この人物は、
ヒトの胃から、
らせん状の菌を培養することに成功したのです。

この発見の影には一つのセレンディピティがあったと伝えられています。

カテゴリー: ピロリ菌の発見 | タグ: , , , , , |
ページ 5 / 8« 先頭...34567...最後 »