遺伝子構造

ピロリ菌は栄養を宿主に依存しながら、
ゆっくり増殖を行います。

「DNAにはピロリ菌が胃の細胞の遺伝子に与えた傷跡が残されている」そうです。

宿主との相互作用を密に行なう細菌であることが遺伝子構造からも窺われました。

15種類の機能別カテゴリーに分類しました。

遺伝子は民族ごとに異なります。

アフリカや欧州、アジアなど地域ごとに6種類に大別されるほか、
人類が最初に誕生したとされる東アフリカを起源に変化してきたと考えるのが最も合理的との結論を得ました。

カテゴリー: ピロリ菌の遺伝 | タグ: , , , , |

PtprZの存在

宿主細胞に直接注入されるエフェクター分子が
宿主細胞のIL-8産生を誘導して炎症反応を惹起することが
病原性を持つことになると考えられています。

これまでタンパク質の一種であるPtprZは
神経系の細胞にのみ存在していると考えられてきました。

アクチン再構築や細胞増殖の亢進、
アポトーシスの阻害など
多様な反応を引き起こし、
これが癌の発生につながるとも考えられているのです。

ピロリ菌の恐るべし病原性です。

胃粘膜の細胞においても少ないながらPtprZは存在しているのです。

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , |

胃の組織

国立がんセンターと和歌山大学は、
胃ガン患者や胃ガンの原因とされるピロリ菌に感染した人などの胃の組織を調べました。

この研究チームを悩ませているピロリ菌の遺伝子情報が、
今後の人類の起源を決定付ける証拠になるかもしれないのです。

胃かいようなどの原因とされるピロリ菌に人類が感染したのは、
人類がアフリカにいた約5万8000年前とする研究成果を、
日米欧などの合同チームがまとめました。

全遺伝子を大腸菌やインフルエンザ桿菌等で既に明らかにされました。

カテゴリー: ピロリ菌の遺伝 | タグ: , , , |

病原因子群

ウレアーゼの立体構造模式のヘリコバクター・ピロリには
多くの病原因子が存在することがわかっっているので、
病原因子群と呼ばれるのです。

これらを持つ菌株は毒性が強く、
これらの強毒株により慢性胃炎や消化器潰瘍、
胃がんを引き起こすのです。

本当の病原性は、
弱毒株の方はあまり害のない一種の常在菌なのでないか、
という仮説も提唱されているのです。

ある実験の結果から、
同じヘリコバクター・ピロリでも、
vacAやcagAと言う病原性を持つ菌株と持たない菌株が存在することが分かりました。

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , , |

胃ガン患者

ある研究チームは6年がかりで世界51民族、769人の胃から
ピロリ菌を集め、
菌の遺伝子の違いを分析したそうです。

まるでピロリ菌が遺伝のように受け継がれているらしいことが分かりました。

菌の感染経路や、
国や地域によって胃がんの発生率が違う原因の解明などにもつながるはずなのです。

胃ガン患者では「LOX」や「FLNc」など9種類のガン抑制遺伝子のメチル基がくっついて、
さらに働かなくなっていることが明らかになりました。

カテゴリー: ピロリ菌の遺伝 | タグ: , , , , , , |

遺伝学的性状

ヘリコバクター・ピロリの遺伝学的性状を述べていきます。

ピロリ菌の遺伝子を比較、ピロリ菌の遺伝子を比べると、
例えば北米の先住民と日本人が似ています。

人類はアフリカから広がっていったとされています。

最も古いとされている人の祖先は東アフリカで発見された約400年前の化石人骨なのです。

1997年 Tomb らにより英国の胃炎患者より分離された H. pylori の全遺伝子構造が決定されたのは、
つい最近のことです。

1,667,867 塩基対の環状 DNA 中に 1,590 個の遺伝子の存在が明らかにされました。

カテゴリー: ピロリ菌の遺伝 | タグ: , , , |

H. pyloriの病原因子群

ピロリ菌に感染していると、
そのウレアーゼによって胃内で尿素がアンモニアと二酸化炭素に分解されて、
呼気中の二酸化炭素におけるCの含有量が、
非感染時より大きく増加するのです。

H. pyloriの病原因子群と呼ばれるものが存在します。

ピロリ菌に特異的な外毒素の病原性(菌体外に分泌される毒素)である細胞空胞化毒素(vacA)や、
ムチナーゼやプロテアーゼなどの分泌酵素群が、
粘膜および胃上皮細胞の傷害に直接関与すると考えられています。

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , , , |

ヘリコバクター・ピロリに似た細菌

初めて慢性胃炎患者の胃粘膜より分離培養された。

サル、イヌ、ネコ、チータ等の胃にもヘリコバクター・ピロリに似た細菌が存在して、
それぞれの胃炎を引き起こすこともわかっています。、

この酵素は尿素を分解してアンモニアをつくり
胃酸(pH 1-2) を中和することにより胃粘膜における本菌の定着を可能にいます。

60歳以上の方の場合、
特に胃の病気にかかった事がない人でもヘリコバクターピロリ菌の抗体陽性率はおよそ70%前後、
至適 pH は6?8で、pH 4 以下では発育しません。

カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター | タグ: , , , |

呼気テスト

採血は最初の抗体値検査時のみで、
内科で行う検査は息をアルミ製の袋中に吹く検査(呼気テスト)ですので痛み等の苦痛与えません。

ブドウ糖分解酵素遺伝子を有するがその活性は弱く、
アンピシリン、ゲンタマイシン、セフォキシチン、テトラサイクリン、リファンピシンなどに感受性であり、
ナリジクス酸、コリスチン、トリメトプリム、バンコマイシン、ポリミキシンB などに耐性を示します。

胃の中にいるピロリ菌が有名になったのはごく最近のことなのです。

結構驚きの事実なのです。

カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター | タグ: , , |

ヘリコバクター・ピロリと名づけたのは?

1983 年オーストラリアの病理学者 Warren と
消化器病医 Marshall とによりヘリコバクター・ピロリと名づけられました。

ヘリコバクターピロリ菌の抗体が高いからといって
必ずしも胃潰瘍になったり十二指腸潰瘍になることはないのです。

通常のブドウ糖分解試験は陰性となります。

アミノ酸またはTCA 回路の中間代謝物を基本的なエネルギー源としています。

呼吸によりエネルギーを獲得していきます。

胃炎症状を訴える場合が主ですが、
全く自覚症状がない場合もあります。

カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター | タグ: , , , |
ページ 4 / 8« 先頭...23456...最後 »