除菌治療

ピロリ菌に感染したら治療を迅速に行ないましょう。

慢性の胃炎患者などに対してはヘリコバクター・ピロリの除菌治療が実施され、
著効を収めているのです。

除菌治療と言う方法をご紹介致します。

その方法では抗生物質2剤と、
一過性の胃酸過多による副作用を防止するためのプロトンポンプ阻害薬の併用が標準的であります。

胃疾患に対する治療が根底から変わりつつある。

いわゆる感染症という側面からみた胃疾患です。

抗生物質で、ピロリ菌をやっつけます。

カテゴリー: ピロリ菌の治療 | タグ: , , , , , |

体の特徴

ピロリ菌除菌の抗生物質を飲みアレルギー症状がでたそうです。

アレルギーとピロリ菌の関係を話していきたいと思います。

アレルギーの発症が、
なぜ、同居家族の人数と関係するかに関して説明していきます。

アレルギーになりやすい小児では、
いくつかの体の特徴があります。

オーストラリアのPrescottらは、
アトピーのある子どもと、
無い子どものインターフェロンガンマ産生能を比較したところ、
アレルギー疾患の子どもは、
健康な子どもとくらべて、
インターフェロン反応の出が悪いのです。

カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー | タグ: , , , |

ウレアーゼの働きを抑制

胃粘膜傷害がさらに進行すると大変なことになります。

ほとんどが子供の時にピロリ菌に感染しますが、
あまり心配しないでいいと考えられます。

たとえ感染しても大半は病気にはならず、
また生活環境の進歩、
生活習慣の変化とともにこの菌を持っている人は減少しているのですから。

最近、
ブロポリス(特にアレクリン系フロポリス)が胃内のウレアーゼの働きを抑制することにより
ピロリ菌を殺滅して患部(炎症や潰瘍)をきれいに治癒させる効果があることがわかりました。

カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ | タグ: , , , |

アンモニアが胃酸を中和

さらに詳しく述べると、
ウレアーゼの働きで胃の中の尿素という物質から
アルカリ性のアンモニアを作り出しますが
このアンモニアが胃酸を中和して
ピロリ菌は自分の周りに中性に近い環境を作り出すことができるので、
強酸性の胃の中でも生きられるのです。

さらに細菌感染に対して動員された
白血球が産生する過酸化水素と言う物質がありますが、
その過酸化水素から生成される活性酸素や次亜塩素酸がアンモニアと反応し、
モノクロラミンなどの組織障害性が強いフリーラジカルが生成されることも分かってきています。

カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ | タグ: , , , , , |

ピロリ菌でまず慢性胃炎

この発症の過程から、
胃潰瘍は消化性潰瘍と呼ばれています。

粘膜が欠損すると潰瘍が粘膜の内側になる筋層まで達し、
ひどい場合には、
胃壁に孔が開いてしまうこともあるそうです。

ピロリ菌の感染経路は、
まだ詳しくはわかっていません。

慢性胃潰瘍:慢性胃潰瘍は、
ピロリ菌の感染が原因になっています。

ピロリ菌に感染すると、
ピロリ菌が作り出すさまざまな毒素や物質によって、
炎症を起こしてしまします。

ピロリ菌に感染するとまず、
すべての人が慢性胃炎となります。

カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍 | タグ: , , , , , |

胃潰瘍の9割がピロリ菌感染

1980年代に発見されましたが、
この菌が胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となっているということが、
近年明らかになってきています。

慢性胃潰瘍にまで進行するのは約2?3%、
胃がんになるのは0.5%程度と言われているそうです。

胃酸から十二指腸を守るためにこのような変化をするケースがあるそうです。

炎症を起こした部分にさらに胃酸やペプシンなどの刺激が加わると、
胃の粘膜に欠損が生じ、
胃潰瘍になります。

ピロリ菌感染による慢性胃潰瘍は、
胃潰瘍全体の約9割にもなります。

カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍 | タグ: , , , |

胃液を中和

特にウレアーゼは本菌の胃内定着に必須であるともに、
走化性や粘膜傷害にも大きく関与する。

アンモニアはまた、
ヘリコバクター・ピロリに対して走化性因子としても作用して、
胃内にいる他のヘリコバクター・ピロリが鞭毛により遊泳して感染部位に集合しやすくなるのです。

pH4以下になるとピロリ菌は生きられないのです。

ウレアーゼによって作られたアンモニアは局所的に胃液を中和してしまうため、
その部分にヘリコバクター・ピロリが定着可能となって感染が成立するのです。

カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ | タグ: , , , , , |

急性潰瘍と慢性潰瘍

ピロリ菌は長さは4ミクロン詳しくは4/1000mmで、
2?3回ゆるやかに右巻きにねじれています。

片側、まれに両側の場合もあり、
4?8本のべん毛がはえているのが特徴です。

胃潰瘍には、
急性潰瘍と慢性潰瘍とがあり、
それぞれ症状や胃の粘膜の様子も異なるのです。

十二指腸の粘膜が胃と同じような粘膜に置き換わってしまった場所では、
ピロリ菌が住みつく可能性もあるのです。

通常、胃は食べ物の消化のために、
胃酸やペプシンを分泌しています。

カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍 | タグ: , , , , |

痛みが慢性的

驚かないで下さい。

胃潰瘍の約9割を占める慢性胃潰瘍の症状は、
胃や背中などの痛みが慢性的に続くのです。

これがヘリコバクター・ピロリなのです。

しかし、ピロリ菌に感染した人のすべてが慢性胃潰瘍になるわけではありません。

特に空腹時に痛むのが特徴なのです。

慢性胃潰瘍:慢性胃潰瘍では、
胃や背中などの痛みが慢性的に起こります。

特に、空腹時に痛むのが特徴で、
夜中に痛みで目が覚めたりすることもあります。

慢性胃潰瘍はピロリ菌の感染が原因になっています。

カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍 | タグ: , , , , , , , |

尿素からのアンモニア産生

ピロリ菌が生成するウレアーゼについて述べていきます。

胃は食べ物を消化するために強酸性の胃液を出していて
酸度を示すはpH1?2にもなるのです。

ヘリコバクター・ピロリの持つウレアーゼは細胞の表層部に局在していて、
中性および酸性領域の2種類の至適pHを持っているのです。

そのため、
胃内部の酸性条件下でも尿素からのアンモニア産生が可能で、
これがウレアーゼの生成につながっているのです。

ピロリ菌の活動に最適なのはpH6?7(弱酸性?中性)です。

カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ | タグ: , , , , |
ページ 3 / 812345...最後 »