ココアがピロリ菌を減少

食品によるピロリ菌の抑制が出来てきたのです。

まさに夢の治療方法といえるでしょう。

ですので、
近年、食品によるヘリコバクター・ピロリの除菌効果が確認されています。

まず、
1つ食物の例を挙げると、ココアです。

ココアは脂肪成分が、
ピロリ菌を減少させることができるのです。

また、
抗ピロリ菌作用がある他の食物としては
わさびの葉、シナモン、クランベリー(こけもも)、海草類などにも抗ピロリ菌作用が発見されています。

商品名は、innerFFAココア(森永製菓)です。

カテゴリー: ピロリ菌と食物 | タグ: , , , , , , , |

受賞テーマ

受賞者2人の受賞テーマは
「Helicobacter pyloriヘリコバクター・ピロリの発見と胃炎や消化性潰瘍における役割」
だったそうです。

抗生物質を使って菌を取り除く簡便な治療法に道が開かれました。

「強い胃酸が出る胃に細菌は住めないと思われていた.
ピロリ菌を見つけたとき,
二人は周りから疑いの目で見られました。

ピロリ菌対策について、
調べてみると昔から、
胃に良いされていたものや、
薬味などに、
ピロリ菌に効果があるとされるものがあったそうです。

広い分野での応用が期待されます。

カテゴリー: ピロリ菌とノーベル賞 | タグ: , , , , , |

ピロリ菌に感染

たぶん、
ピロリ菌に感染しているように思います。

二人の医学者は、
ピロリ菌を発見し、
胃炎や胃潰瘍がピロリ菌の感染によって引き起こされること、
更に抗生物質でピロリ菌は除菌できること、
除菌により胃炎や胃潰瘍が治ることなどを明らかにしました。

40歳以上の日本人の7割以上が、
ピロリ菌に感染しているそうです。

2005年のノーベル賞は物理学賞が量子光の研究者,
化学賞が新たな有機合成手法開発者に決まり,
10月の第1週に発表されたのです。

有機合成手法は革命的でした。

カテゴリー: ピロリ菌とノーベル賞 | タグ: , , , , , |

メトロニダゾールに変えて再治療

仮に初回の治療が失敗した場合、
希望があればメトロニダゾールに変えて再治療を行なうことができます。

しかし、
気をつけて欲しいことは、
副作用があることです。

それは軟便、下痢、皮疹などでありますが一般に軽微で治まります。

ただし、
治療は中途半端でやめたりすると、
ピロリ菌が薬に対して耐性をもつのでとても危険です。

なぜなら、
次に除菌しようと思っても薬が効かなくなるおそれがあるからです。

必ず医師の指示通りに薬を飲むことが必要になってきます。

カテゴリー: ピロリ菌の治療 | タグ: , , , , |

ノーベル医学生理学賞

ピロリ菌でノーベル賞を受賞した人物がいます。

2005年のノーベル医学生理学賞は、

ピロリ菌発見者の二人の医科学者に贈呈されることが決まったとマスコミが伝えていました。

つまり、
オーストラリアの西オーストラリア大のバリー・マーシャル教授と、
ロビン・ウォーレン名誉教授がその人物です。

胃腸の調子がよく悪くなるので、
ピロリ菌には、
前々から興味を持っていたそうです。

化学賞は,
米カリフォルニア工科大学のロバート・グラップス教授,
マサチューセッツ工科大学のリチャード・シュロック教授が受賞しました。

カテゴリー: ピロリ菌とノーベル賞 | タグ: , , , , , , , |

異種の蛋白

普段も整理中にアレルギーが出ていないのでしたら、
飲んでいる薬の影響も考えられるので、
病院に行ったほうが良いのです。

アレルギーが出ると喘鳴をくりかえします。

食物は、
異種の蛋白が大量に含まれていますが、
こうしたものをきちんとみわけて栄養分だけを吸収していくのです。

まだ小さいこどもでは、
兄や姉から胃腸炎や風邪をもらいやすく、
これらを克服しながら、
体が丈夫になるため、
小さなこどものアレルギー発症が少ないのではということです。

でも、
ピロリ菌にも感染しやすい時期です。

カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー | タグ: , , |

ピロリ菌治療の自由診療

プロトンポンプ阻害剤(PPI)と2種類の抗生物質を組み合わせて1?2週間続けて服用します。

平成12年11月から胃・十二指腸潰瘍にかぎりようやくピロリ菌の治療が保険適応となったのです。

それを受けて、
名古屋大学大幸医療センターでは2004年から、
18歳以上の希望者に対してピロリ菌治療の自由診療を行なっています。

1週間、
薬を飲むことによって90%以上のピロリ菌を殺すことが出来るのです。

しっかり殺菌するとその後は潰瘍の薬を飲む必要がなくなるので便利です。

カテゴリー: ピロリ菌の治療 | タグ: , , , , , , |

免疫細胞

消化管は生まれてすぐから、
大量の抗原暴露を受ける臓器であります。

消化管粘膜の免疫細胞は、
食物中のいろいろな抗原物質に出会うことになるのです。

しかし、
やがてアレルギーがある子供でも、
他の健康な子どもと同様に病気を治す力がついていきます。

ピロリ菌は胃癌の原因になると言われている恐い菌なので、
抗生物質は大切ですが、
アレルギー症状がでるのも心配です。

インターフェロンは病原体から体を守る物質で、
この出が弱いと、
風邪をひきやすくなります。

カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー | タグ: , , , |

抗生物質アレルギー

4歳までは、
両者にかなり差がありますが、
5歳からやや縮まり、
7歳位になると、
差がなくなるとした成績を示しています。

ピロリ菌がいます。

抗生物質はアレルギーで使えません。

良い方法はないのでしょうか。

ピロリ菌除菌の抗生物質を飲みアレルギー症状がでたそうです。

赤い湿疹やら、
まぶたの腫れなど、
さらに生理になったそうです。

ヨーグルトではなく、
LG21という乳酸菌がピロリ菌を減少させることが知られています。

ピロリ菌のアレルギーにはヨーグルトが良いそうです。

カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー | タグ: , , , |

3剤併用

日本ではプロトンポンプ阻害薬(ランソプラゾールまたはオメプラゾールまたはラベプラゾール)+
クラリスロマイシン + アモキシシリンの3剤併用が健康保険の適用となっています。

ピロリ菌陽性の胃潰瘍,十二指腸潰瘍はすべて治療が適用になると明記され,
2000年11月より保険診療が認められたのです。

胃炎などの症状のある患者に対してのみ行われ、
今のところ、
無症候の保菌者に対しては行われることはまれです。

PPIは、胃酸の分泌を抑える抗潰瘍薬なのです。

カテゴリー: ピロリ菌の治療 | タグ: , , , , , |
ページ 2 / 812345...最後 »