カテゴリー別アーカイブ: ピロリ菌の病原性

PtprZの存在

宿主細胞に直接注入されるエフェクター分子が宿主細胞のIL-8産生を誘導して炎症反応を惹起することが病原性を持つことになると考えられています。 これまでタンパク質の一種であるPtprZは神経系の細胞にのみ存在していると考え … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , |

病原因子群

ウレアーゼの立体構造模式のヘリコバクター・ピロリには多くの病原因子が存在することがわかっっているので、病原因子群と呼ばれるのです。 これらを持つ菌株は毒性が強く、これらの強毒株により慢性胃炎や消化器潰瘍、胃がんを引き起こ … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , , |

H. pyloriの病原因子群

ピロリ菌に感染していると、そのウレアーゼによって胃内で尿素がアンモニアと二酸化炭素に分解されて、呼気中の二酸化炭素におけるCの含有量が、非感染時より大きく増加するのです。 H. pyloriの病原因子群と呼ばれるものが存 … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , , , |

胃潰瘍の直接原因

ここではピロリ菌の病原因子についてレポートを書いていきます。 病原因子はすべてピロリ菌による感染や胃粘膜傷害に関与していますが、このうちピロリ菌に特異的なvacAやcagAについて研究が進んでいるのです。 ピロリ菌の病原 … 続きを読む

カテゴリー: ピロリ菌の病原性 | タグ: , , , , , , |