呼気テスト

採血は最初の抗体値検査時のみで、
内科で行う検査は息をアルミ製の袋中に吹く検査(呼気テスト)ですので痛み等の苦痛与えません。

ブドウ糖分解酵素遺伝子を有するがその活性は弱く、
アンピシリン、ゲンタマイシン、セフォキシチン、テトラサイクリン、リファンピシンなどに感受性であり、
ナリジクス酸、コリスチン、トリメトプリム、バンコマイシン、ポリミキシンB などに耐性を示します。

胃の中にいるピロリ菌が有名になったのはごく最近のことなのです。

結構驚きの事実なのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク