3剤併用

日本ではプロトンポンプ阻害薬(ランソプラゾールまたはオメプラゾールまたはラベプラゾール)+
クラリスロマイシン + アモキシシリンの3剤併用が健康保険の適用となっています。

ピロリ菌陽性の胃潰瘍,十二指腸潰瘍はすべて治療が適用になると明記され,
2000年11月より保険診療が認められたのです。

胃炎などの症状のある患者に対してのみ行われ、
今のところ、
無症候の保菌者に対しては行われることはまれです。

PPIは、胃酸の分泌を抑える抗潰瘍薬なのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の治療   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク