野田昌晴教授

VacA毒素の標的分子を同定?胃潰瘍発症のしくみの研究成果は、
岡崎国立共同研究機構・基礎生物学研究所 野田昌晴教授らの研究グループによって得られたものです。

両マウスから胃粘膜の細胞を採取して培養し、
これに本毒素を投与したケースにも、
本毒素は等しく細胞中に取り込まれただけではありません。

さらに、
同程度の細胞空胞化を引き起こしたのです。

これらは平成15年2月24日付の米国科学雑誌「ネイチャー・ジェネティックス」オンライン版で発表されました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の毒素   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク