遺伝子構造

ピロリ菌は栄養を宿主に依存しながら、
ゆっくり増殖を行います。

「DNAにはピロリ菌が胃の細胞の遺伝子に与えた傷跡が残されている」そうです。

宿主との相互作用を密に行なう細菌であることが遺伝子構造からも窺われました。

15種類の機能別カテゴリーに分類しました。

遺伝子は民族ごとに異なります。

アフリカや欧州、アジアなど地域ごとに6種類に大別されるほか、
人類が最初に誕生したとされる東アフリカを起源に変化してきたと考えるのが最も合理的との結論を得ました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の遺伝   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク