胃の組織

国立がんセンターと和歌山大学は、
胃ガン患者や胃ガンの原因とされるピロリ菌に感染した人などの胃の組織を調べました。

この研究チームを悩ませているピロリ菌の遺伝子情報が、
今後の人類の起源を決定付ける証拠になるかもしれないのです。

胃かいようなどの原因とされるピロリ菌に人類が感染したのは、
人類がアフリカにいた約5万8000年前とする研究成果を、
日米欧などの合同チームがまとめました。

全遺伝子を大腸菌やインフルエンザ桿菌等で既に明らかにされました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の遺伝   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク