空胞化毒素

本毒素投与後5時間の時点で見ると、
タンパク質PtprZをもつマウス、
タンパク質PtprZをもたないマウスにおいて全く同様に、
本毒素は胃粘膜細胞中に取り込まれていました。

タンパク質PtprZに結合し作用する分子としてプレイオトロフィンを同定していました。

空胞化毒素とは、
ピロリ菌が出す毒素で粘液細胞の中にすきまができる毒素です。

血液や尿を用いてこの抗体の量を測定し、
H.pylori抗体が高値であれば本菌に感染していることを診断出来ます。

耐性菌の出現で不成功例が増加しつつあります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の毒素   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク