禁酒・禁煙

慶應義塾大学病院消化器内科外来では薬剤感受性試験を行っています。
上部消化管内視鏡を行った後、
再度、慶應義塾大学病院消化器内科外来を受診し、
薬剤感受性試験の結果を聞きます。

ただし、抗生剤(ペニシリン)を使用しますので、
ペニシリンアレルギーなど薬剤アレルギーのある方は除菌できなくなりますのでご注意ください。

除菌療法中は、禁酒・禁煙として下さい。

胃酸分泌抑制薬のCYP2C19の遺伝子多型と除菌成功率との関連について研究しているので、
血液検査のご協力をお願いしております。

ピロリ菌除菌治療についてはご相談してください。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の除菌   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク