皮膚疾患

まったく自覚症状はなく、
人間ドックなどでピロリ菌が偶然発見される場合もあるのです。

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、
自己免疫疾患、
神経疾患などの症状もその一つであります。

皮膚疾患もピロリ菌の影響を受けているとの報告されています。

「強い胃の痛み」はたいていは、慢性胃炎ではなく、
急性胃炎または胃潰瘍になっているケースです。

皮膚疾患には湿疹やかゆみが良くあります。

しかし、
じんましんが発生することもあるのです。

保険の上でも現時点ではピロリの除菌は「潰瘍の患者さん」のみが適応なのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と症状   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク