痛みが慢性的

驚かないで下さい。

胃潰瘍の約9割を占める慢性胃潰瘍の症状は、
胃や背中などの痛みが慢性的に続くのです。

これがヘリコバクター・ピロリなのです。

しかし、ピロリ菌に感染した人のすべてが慢性胃潰瘍になるわけではありません。

特に空腹時に痛むのが特徴なのです。

慢性胃潰瘍:慢性胃潰瘍では、
胃や背中などの痛みが慢性的に起こります。

特に、空腹時に痛むのが特徴で、
夜中に痛みで目が覚めたりすることもあります。

慢性胃潰瘍はピロリ菌の感染が原因になっています。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク