病原因子群

ウレアーゼの立体構造模式のヘリコバクター・ピロリには
多くの病原因子が存在することがわかっっているので、
病原因子群と呼ばれるのです。

これらを持つ菌株は毒性が強く、
これらの強毒株により慢性胃炎や消化器潰瘍、
胃がんを引き起こすのです。

本当の病原性は、
弱毒株の方はあまり害のない一種の常在菌なのでないか、
という仮説も提唱されているのです。

ある実験の結果から、
同じヘリコバクター・ピロリでも、
vacAやcagAと言う病原性を持つ菌株と持たない菌株が存在することが分かりました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の病原性   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク