異種の蛋白

普段も整理中にアレルギーが出ていないのでしたら、
飲んでいる薬の影響も考えられるので、
病院に行ったほうが良いのです。

アレルギーが出ると喘鳴をくりかえします。

食物は、
異種の蛋白が大量に含まれていますが、
こうしたものをきちんとみわけて栄養分だけを吸収していくのです。

まだ小さいこどもでは、
兄や姉から胃腸炎や風邪をもらいやすく、
これらを克服しながら、
体が丈夫になるため、
小さなこどものアレルギー発症が少ないのではということです。

でも、
ピロリ菌にも感染しやすい時期です。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク