潰瘍

ピロリ菌の我が国では生活環境の整備により30歳以下の人は感染率が低いのです。

夕食後の薬を飲もうとしたところ、
他の錠剤との残りが合わないのに気づき、
飲み忘れていた分をいっぺんに飲んでしまいました。

こんな危険な薬の飲み方はやめましょう。

潰瘍の薬1種類と、
除菌のための抗生物質2種類を朝晩に1回それぞれ計5錠飲むようにしましょう。

そして場合に応じて胃の粘膜を保護する薬剤を併用します。

ピロリ菌に感染すると必ず潰瘍になるわけではないことを覚えておきましょう。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の薬   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク