急性潰瘍と慢性潰瘍

ピロリ菌は長さは4ミクロン詳しくは4/1000mmで、
2?3回ゆるやかに右巻きにねじれています。

片側、まれに両側の場合もあり、
4?8本のべん毛がはえているのが特徴です。

胃潰瘍には、
急性潰瘍と慢性潰瘍とがあり、
それぞれ症状や胃の粘膜の様子も異なるのです。

十二指腸の粘膜が胃と同じような粘膜に置き換わってしまった場所では、
ピロリ菌が住みつく可能性もあるのです。

通常、胃は食べ物の消化のために、
胃酸やペプシンを分泌しています。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク