尿素からのアンモニア産生

ピロリ菌が生成するウレアーゼについて述べていきます。

胃は食べ物を消化するために強酸性の胃液を出していて
酸度を示すはpH1?2にもなるのです。

ヘリコバクター・ピロリの持つウレアーゼは細胞の表層部に局在していて、
中性および酸性領域の2種類の至適pHを持っているのです。

そのため、
胃内部の酸性条件下でも尿素からのアンモニア産生が可能で、
これがウレアーゼの生成につながっているのです。

ピロリ菌の活動に最適なのはpH6?7(弱酸性?中性)です。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク