培養法

次に紹介する検査方法は培養法です。

胃生検切片からの菌の分離培養によって、
ヘリコバクター・ピロリの存在を確認する方法です。

1994年、
国際がん研究機関(IARC)が胃がんの病原体であることを発表したのです。

尿を検体とする場合は判定が迅速で20分程度で判定が可能です。

欠点はと言うと培養には3日?7日を要する点ではないでしょうか。

しかし、
感染後の抗体価低下には時間がかかるため感染後すぐでは偽陽性が出やすいものなのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の検査   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク