受賞を予測

両氏が1982年に原因のピロリ菌を発見.が,
自らピロリ菌を飲んで急性胃炎を起こして証明した」.
ピロリ菌は胃ガンとの関連も指摘され,
胃ガン患者の多い日本でも関心が深いそうです。

昔の人は、
ピロリ菌のことは知らなくても、
経験で、
(胃に対して)効果があると知っていたのかと、
興味深く思いました。

今回の受賞を予測していた人も多いのです。

現在,
エイズや肝炎の治療薬,
抗ガン剤,
遺伝子治療薬など,
DNA関連医薬品開発への応用も進んでいます

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とノーベル賞   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク