動物の胃からも同様の菌が分離

同様の方法でヒト以外にも
フェレット、サル、ネコ、チーターなどの動物の胃からも
同様の菌が分離されてヘリコバクター属に分類された。

内視鏡による生検組織を必要としないピロリ菌の検査方法が発見されました。

カンピロバクターは感染性の下痢の原因となり、
低濃度の酸素と、
二酸化炭素を必要としていて、
かつ栄養要求性の厳しい細菌の一種であるのです。

本菌が有するウレアーゼにより尿素が分解されてアンモニアが生じることを発見した人物もいます。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の発見   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク