免疫細胞

消化管は生まれてすぐから、
大量の抗原暴露を受ける臓器であります。

消化管粘膜の免疫細胞は、
食物中のいろいろな抗原物質に出会うことになるのです。

しかし、
やがてアレルギーがある子供でも、
他の健康な子どもと同様に病気を治す力がついていきます。

ピロリ菌は胃癌の原因になると言われている恐い菌なので、
抗生物質は大切ですが、
アレルギー症状がでるのも心配です。

インターフェロンは病原体から体を守る物質で、
この出が弱いと、
風邪をひきやすくなります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とアレルギー   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク