世界で始めてピロリ菌を発見した人物

ヘリコバクター・ピロリの発見についてレポートをまとめたいと思います。

まず、
世界で始めてピロリ菌を発見した人物は1983年、
オーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルです。

光学顕微鏡で観察した形態の類似性と微好気性であることが共通していたので、
この菌はカンピロバクターの一種と考えられました。

この人物は、
ヒトの胃から、
らせん状の菌を培養することに成功したのです。

この発見の影には一つのセレンディピティがあったと伝えられています。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の発見   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク