メトロニダゾールに変えて再治療

仮に初回の治療が失敗した場合、
希望があればメトロニダゾールに変えて再治療を行なうことができます。

しかし、
気をつけて欲しいことは、
副作用があることです。

それは軟便、下痢、皮疹などでありますが一般に軽微で治まります。

ただし、
治療は中途半端でやめたりすると、
ピロリ菌が薬に対して耐性をもつのでとても危険です。

なぜなら、
次に除菌しようと思っても薬が効かなくなるおそれがあるからです。

必ず医師の指示通りに薬を飲むことが必要になってきます。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の治療   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク