ヘリコバクター・ピロリに似た細菌

初めて慢性胃炎患者の胃粘膜より分離培養された。

サル、イヌ、ネコ、チータ等の胃にもヘリコバクター・ピロリに似た細菌が存在して、
それぞれの胃炎を引き起こすこともわかっています。、

この酵素は尿素を分解してアンモニアをつくり
胃酸(pH 1-2) を中和することにより胃粘膜における本菌の定着を可能にいます。

60歳以上の方の場合、
特に胃の病気にかかった事がない人でもヘリコバクターピロリ菌の抗体陽性率はおよそ70%前後、
至適 pH は6?8で、pH 4 以下では発育しません。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク