ヘリコバクター・ピロリと名づけたのは?

1983 年オーストラリアの病理学者 Warren と
消化器病医 Marshall とによりヘリコバクター・ピロリと名づけられました。

ヘリコバクターピロリ菌の抗体が高いからといって
必ずしも胃潰瘍になったり十二指腸潰瘍になることはないのです。

通常のブドウ糖分解試験は陰性となります。

アミノ酸またはTCA 回路の中間代謝物を基本的なエネルギー源としています。

呼吸によりエネルギーを獲得していきます。

胃炎症状を訴える場合が主ですが、
全く自覚症状がない場合もあります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とヘリコバクター   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク