ピロリ菌は進化した細菌

小児期の胃の中でに保菌している親との濃密な接触や食事を介して感染し、
その後一生涯にわたり感染が持続しているという説が有力です。

ピロリ菌は胃の中でいわゆるバリヤーを張っていると考えてください。

このように非常に進化した細菌なのです。

胃の中に住んでいるので、
性的接触による感染は否定的ですが、
ペットからの感染についてはまだまだ検討が必要なようです。

ピロリ菌は胃がんの所や十二指腸のような尿素のない所では生きていけないのです。 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と胃   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク