ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

1980年代に発見されたときには、

ピロリ菌は胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となっているということは分かっていなかったが、

最近分かってきたのです。

一方で、

ウレアーゼを持たないものや酸性条件下では働かないウレアーゼを産生するピロリ菌は、

胃内には定着せずに腸内に寄生しています。

ちょっと専門的になりますが、

上で述べたウレアーゼは胃の組織に障害を与えます。

ヘリコバクター・ピロリの種にはvacAやcagAを持つ菌株と持たない菌株が存在することが明らかになりました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌とは   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク