ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持つ

胃の中はpH1~2と非常に酸性が強く、
生物が生きていけるような環境ではありません。

にもかかわらず、
この菌はどのようにして胃の中に入り、
生きていくのでしょうか。

しかも胃の中にしかいません。。

ヘリコバクター属はが、
ピロリに類似したウレアーゼを持つH. mustelaeやH. felisなどは動物の胃内に定着可能なのです。

ピロリ菌はウレアーゼという酵素を多量に持っており、
これを使って胃の中にある尿素をアンモニアに変化させてしまうのです。

40歳以上では約75%の頻度となります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と胃   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク