ピロリ菌の除菌副作用

ピロリ菌を除菌したいのなら、
慶應義塾大学病院消化器内科に外来してください。

外来時間は火曜午前が8:40~11:00ですが、
午前中に仕事のある方は、
木曜の午後に受診して下さい。

除菌療法は通常、
胃酸分泌抑制剤と2種類の抗生物質(アモキシシリン,クラリスロマイシン)を使用する方法なのです。

ピロリ菌の除菌副作用にはそのほかに味覚異常、口内炎など認められることもあります。

除菌療法は保険適用として認められていないので薬剤の経費については
慶應義塾大学病院消化器内科で相談して下さい。
(胃・十二指腸潰瘍にかぎり保険適応)

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の除菌   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク