ピロリ菌でまず慢性胃炎

この発症の過程から、
胃潰瘍は消化性潰瘍と呼ばれています。

粘膜が欠損すると潰瘍が粘膜の内側になる筋層まで達し、
ひどい場合には、
胃壁に孔が開いてしまうこともあるそうです。

ピロリ菌の感染経路は、
まだ詳しくはわかっていません。

慢性胃潰瘍:慢性胃潰瘍は、
ピロリ菌の感染が原因になっています。

ピロリ菌に感染すると、
ピロリ菌が作り出すさまざまな毒素や物質によって、
炎症を起こしてしまします。

ピロリ菌に感染するとまず、
すべての人が慢性胃炎となります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と胃潰瘍   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク