ノーベル生理学・医学賞を受賞

最近の出来事ですが、
2005年にはウォレンとマーシャルがノーベル生理学・医学賞を受賞したのです。

わが国、日本では、
兵庫医科大学が1984年に日本で初めてピロリ菌の培養に成功しました。

通常の細菌の培養では、
菌を培地に植え付けて、
培養器に入れて48時間後に培養できたかどうか確認するのが普通です。

1984年7月、
マーシャルは培養したこのらせん菌の固まりを自ら飲み込むという人体実験を行いました。

やっばり科学者と言うのは変な人が多いのですね。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の歴史   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク