ウレアーゼ酵素活性を測定

胃のような強酸性の環境下では、
ほとんどの生物は生存できないと今まで考えられていました。

ピロリ菌が菌が有するウレアーゼを作るので胃の中で生育が可能なのです。

そのウレアーゼ酵素活性を測定するものも利用されています。

C-二酸化炭素の上昇が2.4パーセク以上の場合に、
本菌による感染があるものとするなどの基準値が設けられています。

組織鏡検法、
便中H. pylori抗原検査、
染色あるいはギムザ染色により染色し、
顕微鏡で観察するなど様々な方法があるのです。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌の検査   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク