ウレアーゼの働きを抑制

胃粘膜傷害がさらに進行すると大変なことになります。

ほとんどが子供の時にピロリ菌に感染しますが、
あまり心配しないでいいと考えられます。

たとえ感染しても大半は病気にはならず、
また生活環境の進歩、
生活習慣の変化とともにこの菌を持っている人は減少しているのですから。

最近、
ブロポリス(特にアレクリン系フロポリス)が胃内のウレアーゼの働きを抑制することにより
ピロリ菌を殺滅して患部(炎症や潰瘍)をきれいに治癒させる効果があることがわかりました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌のウレアーゼ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク