じんましん

実際、
ピロリ菌を保有していてじんましんの症状が出ている患者に対して、
ピロリ菌の除菌をしたところ、
65%?80%の方がじんましんが改善したとの報告があるのです。

慢性胃炎の症状はなんとなく「胃がもたれる」「胃が重い」「むかつく」といったもので、
不定愁訴の症状ともいわれています。

潰瘍で胃壁の血管が傷つき、
出血しているような状態では、
吐血やタール状の黒い便がみられることもあります。

今までは、扁桃腺炎、虫歯、副鼻腔炎がその原因とされていました。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ピロリ菌と症状   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク